もしかしたら、配偶者が不倫をしているのではないかと疑い、その不倫が本当であれば離婚を考えるという場合、気になる事といえば慰謝料でしょう。ですが、そこまで考えた場合、話し合いに持ち込むにしても、まずは証拠集めが大切になってきます。携帯電話の履歴などから相手の不倫に気付く事が増えてきていますが、それだけで配偶者を問い詰めるとはぐらかされてしまう可能性があります。ですから、すぐに問い詰めたりせず、まずは出来るだけ多くの証拠を集めておく事が大切になっています。そして、もしも話し合いが裁判にまで進んだ場合、不貞行為があったという動かぬ証拠が必要となってきます。そうしたしっかりした証拠を集めたいと思ったら、名古屋などの探偵事務所によるプロの素行調査がお勧めです。浮気調査等のプロであれば、どういう現場や物を押さえれば、それが動かぬ証拠になるかを熟知しています。ですから、配偶者が事実をすぐに認めてくれない可能性がある場合は、探偵事務所などで素行調査を依頼し、しっかりとした証拠を集めておく事がお勧めです。探偵事務所などに依頼する場合、料金が心配であれば、確実に不貞行為を行いそうな日を選んで、その日だけ依頼するなどすると、料金の節約に繋がります。